ゆく年くる年。

 

新年明けましておめでとうございます!

皆様のおかげで今年も無事に迎えることが出来ました。

行く年・来る年…

2017年も世間を賑わせす出来事はたくさんありましたが〜

私達の地元広島を賑わせたベスト3をプレイバック‼︎

 

 

第一位

カープ37年ぶりの連覇

 

 

2016V7

打率・防御率・盗塁・本塁打4部門1位

勝率631・89勝・貯金37

菊池 最多安打181

鈴木 「神ってる」

野村 最多勝利16 最優秀勝率842

新井 2000本安打 1000得点 MVP

黒田 200勝

中崎 防御率1.32 30セーブ

 

 

2017V8

 

勝率633 88勝

本塁打 セ・トップ152

盗塁 セ・トップ112

丸 最多安打171 MVP

田中 最高出塁率393 最多盗塁35

薮田 勝率833

ゴールデングラブ賞 菊池・丸・鈴木

ベストナイン賞 會澤・菊池・田中・丸・鈴木

 

 

79年80年のセリーグ連覇の時は日本シリーズも連覇!

 

高橋慶彦 盗塁55・38

山本浩二 打点王113・112 本塁打44本最多出塁240

衣笠祥雄 ゴールデングラブ賞 「鉄人」

北別府学 17勝・12勝

大野豊 中継ぎ 防御率2.70・ 7勝

江夏豊 守護神 22・21セーブ「江夏の21球」

 

 

第二位

準優勝広陵高校、

感動を『ありがとう』

99回全国高校野球選手権大会で、

10年ぶり4回目の準優勝を果たした広陵高校。

 

悲願の夏の制覇は、

逃したものの14日間の熱戦には夢中になっておりました

振り返って見ると

天理戦で広げた広陵の応援団

 

スタンドから連日大きな声援を送っていました

私もTVですが、展開が気になって勝った時には、

お客様と盛り上がっておりました。

 

試合後には、連続安打で4点を返し最後まで諦めず

強気で攻め続けた選手達に惜しみ無い拍手が送られて、、

お店でも、頑張ったねと多くの方が話されていました

大会を終えて広陵高校に凱旋し、

準優勝メダルを掛けて報告会であいさつする岩本主将と

選手の活躍をねぎらう中井監督

 

そして、注目は今大会で記録ずくめの活躍で

次の日にはTVでも話題になっていた中村選手

 

凄い記録の影にも秘話があって、

ベンチ外の選手が、

自ら声を掛けておばさんの荷物を運ぶのを手伝ってあげて

後日に宿舎に手紙とドリンクの差し入れが届いたと

監督も誰のお陰かよう考えよーっと部員に伝えた

監督は、野球や生活を通じて

人として教えを説いてきた事

野球では、誉めないが野球以外でいいことをしたら誉めると監督❗

報告会では、

感動をありがとうと見守っていた地域の人たちからも

暖かな拍手が送られていました

 

熱く、夢中になった私達からも感動をありがとう。

 

 

 

第三位

 

サンフレッチェJ1残留!

 

2012・13年の連覇の後2015年に3度目の優勝!

強かった広島に何が起こってのか…

 

ペトロヴィッチ監督が作った中心軸

FW佐藤寿人・MF森崎和幸・MF森崎浩司

MF高萩洋次郎・MF青山敏弘の流れるような

パスワークから繰り出される厚みのある攻撃

を生み出していた

 

 

確かなる軸が存在したからこそ

DF千葉和彦・DF塩谷司・MF柴崎晃誠

FW石原直など移籍加入選手もすんなりと

広島サッカーにハマった

 

 

ペトロヴィッチ監督が離れて5年、

頼りの中心軸も揺らぎ始めていた

FWドウグラス・FWピーターウタカで

何とかカバーしていたが、

佐藤の移籍、森崎浩の引退、

森崎和はコンディションが整わず

中軸に青山、千葉、水本の30代が並ぶが

うまく新陳代謝を図ることはできず…

若手に対する「物足りなさ」という不安要素

も噴出している

 

 

 

2018年は「戌年」

「戌」には草木を滅ぼすという意味がありますが、

これは次へ進むための新しいステップです。

また犬には安産にご利益があるため、

これからママになる人にとって良い年になりますね!

新しく迎える2018年の戌年はこれまでの問題を見つめなおして、

堅実な1年をすごしたいですね‼︎

ヘアーサロンドイ  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です